スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手持ち無沙汰ながらも

第一回環境考察は、Rewrite。
昔取っていた杵柄、カードの把握をしないですむ、という正直な理由もありますが(笑)

Rewriteは追加ブースターの発売後に頭角を表したタイトル。

“一緒に歩く道”ちはやによって、Lv1から膨大なアドバンテージを稼ぎ始め、優秀な詰め性のを持つLv3で〆るというシンプルな構成。

しかし、そのアーキタイプを支える、チェンジ元、集中、身代わりの3枚に選抜という制限がかけられたため、大きな弱体化を強いられた。

現在、Rewriteでは、チェンジ元の“輝く青空の下で”ちはやを採用した型が最も一般的である。



と、前口上はそんな感じです。

構築はこちらを参考してください。ヴァイスシュヴァルツ新春トリオ祭2014
一応この構成についてメインに議論していきたいと思います。

非常にシンプルですることがわかりやすい構築だと思います。
既存のアーキタイプをそのままに、強い部分しっかりと伸ばしており、t青やt緑の型と勝負した場合、その地力の差で有利を取れるでしょう。

というか、昔使っていたこれとほとんど構築に差がありません。

ので、その差の部分を重点的に、推測を交えながら考察していきましょう。

私の構築と、この大会で結果を残したデッキのレシピで違いが目立つ部分は大きく分けて3つあります。
1つは、“滅びの歌”朱音の採用、
次に、“模索する者”篝
そして、“オカ研会長”朱音の枚数です。

 順に考察していきます。

 と言っても、制限前と、デッキの軸が変化していない、という点からこれらのカードは制限により使えなくなった、2種、お風呂上りの朱音“散る桜の宿命”咲夜 の代わり、と考えるのが極めて自然ですし、筋道も通っています。
 “散る桜の宿命”咲夜 は擬似アンコールとパワーパンプという役割をもち、お風呂上りの朱音は手札の内容を整える集中で、かつ、パワーパンプの意味もあります。
 アンコールを“模索する者”篝 が、そしてパワーパンプを“滅びの歌”朱音 が補助していると考えるとスマートです。(集中に関しては、シフト持ちの“地球委員長”ルチアがになっている、というのは想像に難くないので割愛しました。)
 また、扉8という構成にした時に、素直に投入されるもう一種のCXの対応先が“滅びの歌”朱音であるということも採用を後押ししていると思います。
 
 “オカ研会長”朱音 4枚に関しては、Lv1で後列各種や、チェンジ元を引けない場合、決定的なディスアドバンテージになるからでしょう。




 ぶっちゃけると、現存のRewriteは過去のRewriteに比べて性能差が低い上に、弱点がそのまま変化していません。
 つまり、過去の弱点そのまま、というのが私の率直な意見です。

 具体的な策としては、Lv1帯でチェンジ後を割ること、または、後列が前列の維持に貢献しているのでその後列を除去する、のどちらかです。あるいは、“模索する者”篝が相手ターン中にしか効果を使えないことを利用して、助太刀で返り討ちにする、という手段もあります。



穴だらけの考察です。というのも、正直以前書いた自分の記事とほぼ同様な内容なためですね。
そっちを見ること前提の記事になってしまいましたが、これで終わりにします。
感想意見、削除依頼等あったら、コメントによろです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WS静岡勢

Author:WS静岡勢
ヴァイスシュバルツプレイ日記、ゆるゆる更新していきます

管理人s
与一P 能美来夏

相互リンクとか無限募集中です(・◇・)

Twitterやってます、よければどぞ
与一P @hiyaud
来夏 @Raika612

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

よろしければどうぞ

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。